★聞香炉のデザインにご紹介する画像の様になっております。
こちらでデザインをご確認くださいませ。→【香道具】聞香炉 単品

志野流蜂谷宗玄宗匠の記念品外寸 高さ69mm 差渡し72mm 底67mm

香道は、室町時代におきた日本の伝統文化です。
仏教と共に日本に伝えられた香は、平安時代には、個人の趣好、知的感覚により、薫物が作られ、室町時代・東山文化隆盛の頃、香木(沈香)を使用する聞香形式が整え出されました。
香道具には、柱香道具、香割道具、盤物などがあり、その種類、材質も金蒔絵、金銀、桑など、また、香室の装飾品まで、多種に渡っています。自然を感じ、四季を想い起こさせる香りの世界。香りの文化を現代に伝えます。

★こちらの商品は価格が変動することがございますので詳しくはお手数ではございますがお問合せくださいませ。

形状:香道具
メーカー:・・・・・
対象:上級者向き
香り系統:・・・・・
パッケージ:・・・・・
本数・個数:・・・・・
重さ(g):・・・・・
長さ(cm):・・・・・
燃焼時間:・・・・・
パッケージサイズ:・・・・・

聞香炉(ききこうろ)一対志野流家元箱書付-お香・インセンス

月別アーカイブ
アクセスカウンター